現役ネイリストが教える!ネイリストの仕事内容や1日のスケジュール

ネイル

今回はネイリストの仕事内容や1日の流れをお伝えします。

 



【ネイリストの仕事内容】

ネイリストの仕事は、自分の技術やセンスを活かして、お客様の爪にネイルを施します。

大きく分けて『ネイルケア』『ネイルアート』『リペア』の3種類に分かれます。

 

・ネイルケア
甘皮処理(キューティクルケア)・爪を整える(ファイリング)・爪磨き(バッフィング)
・ネイルアート
カラーリング・ジェルネイル・スカルプチュアネイル・デザインやアート
・リペア
爪の補修・巻き爪・深爪の矯正

 

ネイリストとは、ネイルアートやデザインをしたりと華やかなイメージですが、

爪の補修やケアなどもネイリストの大切な仕事です。

サロンによって何をメインで行っているかは異なりますが、最近では「ジェル専門店」「フット専門店」「ケア専門店」など特化型のサロンを増えてきます。

 

【ネイリストの仕事の流れ】

・開店準備

サロン営業の開店準備を行います。サロン内の掃除や換気、ネイル用品の手入れ・薬剤補充・備品洗浄を行います。

また、お客様にリラックスして施術を受けてもらうために、アロマを焚く・お茶の用意・BGMを流すなどの空間づくりや、本日ご来店されるお客様のカルテや予約状況の確認なども、開店前に行います。

 

・接客・施術

ネイリストのメインの業務内容は「接客」と「施術」です。

来店されたお客様にカウンセリングを行い、どんなデザインにするかや好み・要望などをお伺いします。カウンセリングだけではなく

施術時間は1時間~2時間程度なので、カウンセリングだけではなく、施術中にお客様を飽きさせない会話や雑談などコミュニケーションを取ります。

高い技術力、心地のよい接客がお客様の満足に繋がり、リピーターやネイリストの指名につながります。

接客人数はサロンよってことなりますが、私の場合1日4人~6人ほど接客していました。

 

・ネイルチップ制作

余った時間はネイルチップの制作を行います。ネイルチップ見本を参考にデザインを選ばれるお客様も多いので、これも大切な仕事です。

また広告やサロンHPに掲載することも多く、サロンのセンスやネイリストの感性をPRするものになり、お客様がお店を選ぶ際の判断材料になることもあるので、施術や接客はもちろんですが、ネイルチップも力を入れているサロンが多いです。

・レッスンや指導

ネイリストは技術を常に磨く必要があります。

トレンドは常に変わるので、それに応じてデザインやアートの練習を行います。

特に新人や経験の浅いネイリストは、この重要度が増し、お客様を満足させるレベルの技術、手際のよい作業の流れを習得していきます。

店長や管理者は後輩ネイリストの技術指導を行うこともあります。

【閉店作業】

閉店作業では、お店の掃除や施術で使用した器具を消毒したり、ご来店されたお客様のカルテの記入などを行います。

また、閉店後に技術レッスンや新人ネイリストへの指導するサロンもあります。

 

【ネイリストが働く場所】

 

・ネイルサロン

・ブライダルサロン

・まつ毛エクステサロン

・美容室

・エステサロン

・その他(独立やスクール講師)

 

ネイリストの勤務先で一番多いのがやっぱりネイルサロンです。ネイルサロンと一言でいっても個人店~大手サロン・百貨店など、種類はたくさんあるので自分に合う雰囲気は比較的選びやすいでしょう。

最近では、ネイルサロン以外にまつエクや美容室を併用しているサロンも多くあります。お客様にとっても1度の来店でトータルビューティーできるので便利性がありますね。

上級者になると、独立をしたりネイルスクール講師などあります。独立は自分次第ですが、やればやるほど収入は増えるので、自由度が高く自分の技術を存分に発揮できる働き方です。

勤務するサロンを選ぶ時は、自分の個性や得意な技術を生かせる、今後習得したい技術や経験を学べるという視点をもつとよいでしょう。

 

【ネイリストになるには】

ネイリストになるには、専門的な技術は必要ですが、美容師などの国家資格は特に必要ありません。なので、資格を持っていなくてもネイリストになることはできます。

しかし、経験を積んでいくにつれて、役職や独立を考えた時に『プロのネイリスト』として資格があると評価されやすいです。

また、お客様は『検定を持ってる人=上手な人』と思っている方が多い気がします。どれだけ経験を積んでいても、検定を持っていなかったら評価されにくい傾向にあります。

特に就活など。(実際私もそうでした(汗))

なので、遅かれ早かれネイリストとして長く勤めたいと考えている方は、資格と取っておいた方が良いです。

ネイル技術を学ぶにはスクールや通信・独学など様々な方法があります。

 

↓興味のある方はこちらをご覧ください↓

【ネイリストへの道】独学でネイリスト検定は取得できるのか⁈
こんにちは。リリアです。 今回は、これからネイリストを目指したいと考えている方へ、 「ネイリストは独学でもなれるのか?」について、お伝えします。 実際、私は18歳の時に専門学校に...

 

【まとめ】

いかがでしかた?

ネイリストの仕事は一見華やかな仕事に見えますが、行う作業は意外に地味です。

しかし、細かい作業が好き・接客が好きな人には

お客様をキレイできる喜び、満足して喜んでいただけるとやっていてよかったと心から思います。

技術職なので、爪に技術向上のための努力は必要ですが、それ以上の喜び・やりがいがあると私は思います☆

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました